中国四国ブロック総会報告

令和元年7月26日岡山県で中国四国農業青年クラブ連絡協議会通常総会・有識者との意見交換会が開催されました。
 
【通常総会】
出席数
 鳥取県、島根県、岡山県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県 計7県
 青年農業者21名、県担当者等8名、講師5名、中国四国農政局6名 計40名
 
開催挨拶 
中国四国農政局経営・事業支援部経営支援課
                   課長 南雲昌宏 
中国四国農業青年クラブ連絡協議会  会長 西尾和廣 
 
来賓挨拶
全国農業青年クラブ連絡協議会  会長 首藤元嘉 
全国農業青年クラブ連絡協議会  理事 淺津良伊知
 
新会長挨拶 
中国四国農業青年クラブ連絡協議会  会長 白井悠貴
 
 総会では「H30年度事業報告・収支決算」「令和元年度事業計画・収支予算」「役員の選出」の議案があり決議されました。
また役員の選出により西尾会長から白井新会長に役が引き継がれ中国四国農業青年クラブを皆さんと協力して新時代に相応しい・新しいことにも積極的に取り組みたいと挨拶をいただきました。
 
【中国四国地域の各県連の取組について】
 例年各県連の取組について報告をしております。各県の会員数や活動経費、活動実績、全協・ブロックへの参加状況の報告。また活動の課題や新年度の活動状況、今後の予定についてそれぞれ報告しました。他県の活動事例や課題の解決策など活発な意見交換しています。

【有識者との意見交換会】
 中国四国農業青年クラブ連絡協議会では例年総会後に事前に決定していたテーマに沿って講演会・意見交換などをしています。今回は「農業分野の業務改善」というテーマで講演会を開きました。講師は岡山県よろず支援拠点チーフコーディネーター鈴鹿和彦氏より経営者としてのあり方、中小企業・小規模事業者を支援事例、岡山県よろず支援拠点支援事例、SWOT分析について講演しました。新しい時代だからこそ支援事業を積極的に取り組んだり、自分のことや、経営、商品であったり様々な面で強みや弱みを分析することでチャンスが生まれたりとまさに改善だらけと感じる講演でした。
 また講演後には株式会社マイナビより情報提供があり農業特化型のクラウドファンディングサービス「クラマル」についてのご紹介がありました。

【中国四国ブロック県連会長一覧】
 鳥取県  渡邉 直人
 島根県  曽田 寿博
 岡山県  妹尾 充 (中国四国ブロック副会長)
 山口県  藤迫 隆司
 徳島県  佐野 健志
 香川県  白井 悠貴(中国四国ブロック会長)
 愛媛県  長野 洋平
 

   
 
報告者 中国四国ブロック理事:淺津

2019年07月29日 | Posted in 活動報告 | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です