北陸ブロック農業青年会議

北陸ブロック大会で
新潟行ってきました!

【平成30年度 北陸ブロック農業青年会議受賞結果・全国青年農業者会議への出場者】

〇プロジェクト発表

・畜産部門(最優秀賞)

「酪農が日本で100年後も続いていく為のclover farmの取り組み」 富山県 青沼 光

・土地利用型部門(優秀賞)

「水稲栽培における「密苗」の「状抜き移植」による省力化及びコスト削減の検討」 石川県 池野 翔吾

 
〇意見発表
(最優秀賞)
「今後の農業を担っていくために」 石川県 宮崎 隆司
 
全協会長、竹本です。

新潟、遠い笑
同じ北陸ブロックなのに笑
 
白熱の
プロジェクト発表、
意見発表。
 
4県を代表する発表。
年々、レベルが上がってる印象
ありましたよね!
 
全国の会長してるってことで
お話しする機会も頂けて、
“普段から接点あるけど、今更感もあって聞けない”全協の取り組み、考え方について
お話ししました!


2月26.27日にある
全国青年農業者会議(略して農者会)
に、みんな来て欲しいなーという思いで、
お話ししました。
 
たとえば地区で視察先を迷ってるなら
農者会に来れば、
コメ農家も露地野菜屋さんもハウス屋さんもいて視察先選定ムズいっていうジレンマも解消されて
それぞれの会場で、専門的な話が聞ける、
懇親会では、同耕種の仲間づくりができる、
っていうストーリーあれば
いいわんね!

全国の農者会に参加経験のある方にも
コメントいただきましたが、
「行く分、時間はとられる。
だけど、とられた分、取り返すよう
仕事も段取りよくしてきた」
「大げさだけど、多くの刺激をもらえて、
人生が変わるタイミングになった」
と、ボクの名プレゼンも霞む
説得力あるお言葉がでました(^-^)

全体を通して、人との交流が
やっぱり魅力!
かれこれ7年8年関わりある
新潟の成田さんやったり
福井の山本聡さんやったり
8年越しに挨拶できた
富山の前田さんやったり
(ボクの前年にブロック理事されてた)
多くの仲間とお話しできたのも、良かった。
 
道中長い中、
かほくの農業青年のみんなと
車で語り合えた(ほぼ雑談)のも、
良かった。
 
 
へぎ蕎麦で締め損ねたけど、
ボクの次にブロック理事を務めた本くんと
コトコトに太った成田さんと飲みながら寝落ちしたのも、良かった(良かったのかw)。
 
楽しさとともに
よい世代交代の感
(先輩たちもコミットしてくれつつ、自然と若手が台頭してきたカンジ)も
におってきた北陸大会でした^_^
 
情報社会とは言われてますが、
文字だけでは伝わらない「熱」、
直接コミュニケーションとることによって起きる「意識の変化」「行動の変化」
これは、あの場にいた人にしか、分からない感覚。
 
「あの場」に「居るべき」仲間を居させるために、
ボクらは、伝道師にならなきゃ、いけませんね^_^
 
エヴァンジェリストですよ、
エヴァンジェリスト。
2018年11月19日 | Posted in 活動報告 | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です