第12号 農業以外の道に…でも菊に惚れちゃったから農業はじめちゃった島根っこ

第12号担当は、全国農業青年クラブ連絡協議会(全協)安丸 千加(お馴染みまるこ)がお届け。

≪FLとは!Farm Lady(ファームレディ)=女性農業者という意味の造語≫
→→→OL=Office Lady(オフィスレディ)のようなニュアンス

農業はまだ男性社会。
女性だから…そんな理由でちょっぴり悲しい現状にあるFL(Farm Lady)の環境を変えたいなって思ったんです。
なぜなら女性が元気に活躍できること、それが日本農業を元気にするからです。

すべての農業に携わる女性へ捧げる、FL(Farm Lady)のためのメルマガ。強がらなくっちゃいけない現状、でも弱音もはきたいよ。だって女の子だもん☆

不慣れなため、お見苦しいところがあるかもしれませんが、長いお付き合いができますよう心からよろしくお願いします。

+++++━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第12号めにゅー
1.Farm Lady×取材メモ
2.Farm Lady×情報集
3.全協(4Hクラブ)×情報集
4.執筆者カラー×Farm Lady(仮)
5.編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━++++

1.Farm Lady×取材メモ
全国のFLを突撃取材!!
菊=仏花??菊に惚れたFLが菊に寄せた思いや悩み、花ってこんなに面白い!
島根県斐川町 新宮 麻衣子さん(27)にインタビュー!!
(※農業用語?と思われるものには説明をいれていますよ!)
以下、まるこ (*´Ä`)φ と 麻衣子さん(*゜u゜)

まるこ(*´Ä`)φ 島根っこイチオシ!切花を栽培しているばりばりのFLとお伺いしています。農業をはじめた経緯を聞かせてください。

麻衣子さん(*゜u゜)  実家は専業ではないですが農家、必然的に後継者の雰囲気がぷんぷんしていましたが、私はやりたいことをやる!ということで農業とは関係のない仕事に就きました。が、きっかけがあり輪菊農家で研修をすることに。これが菊栽培とのはじめての出会いでした。最初は1週間の短期間だったのですが、もっと勉強したいという思いから本格的に研修に入りました。研修を終えて今年6月から新規就農しています。

まるこ(*´Ä`)φえ?農業やりたくなかったのに、農業はじめちゃったんですね??
農家に生まれた血統??運命ですね!

麻衣子さん(*゜u゜)島根は愛知や九州のような花の大産地ではないんです。だから研修を終えてから正規雇用、長期雇用してくれる受入先が見つからなかったんです。これからずっと菊をやっていくために自分でいちから農業始めちゃえって(*^_^*)

まるこ(*´Ä`)φいやいやいや。受入先ないから自分で始めちゃうとか、いくら実家が農業とはいえ、作物が違えば設備も機械等の投資や準備が一から必要になりますよね?どんだけ菊に惚れたんですか!

麻衣子さん(*゜u゜) 菊と出会ってから違う道は考えませんでした。これだ!ずっとこれを作っていきたい!って思ったんですね。研修するまで輪菊を知らなくて、初めて作ってみたら愛着が湧いたんです。あと、私はマイペースなんです。自分で始めちゃえば極端に他の人に迷惑をかけることもないしいいかなって。

まるこ(*´Ä`)φ周りの反対はなかったんですか?

麻衣子さん(*゜u゜)ありましたよ!花農家の先輩から「全盛期の花の値段はもっと高かった。今は下がる一方で上がらないぞ」って言われました。でも私は全盛期を知らないし、今からしか知らない。『菊が好き』って思いから入ったので変な抵抗を受けずにスムーズにスタートしました。

まるこ(*´Ä`)φ実際に研修を経て、自分で農業を始めてどうですか?

麻衣子さん(*゜u゜)研修では師匠に教えていただきながら栽培でき、研修生も若い女の子がいたので楽しくやっていました。環境が本当によかった。
今は農繁期(※すごく忙しい時期)以外は基本的に1人でやっているので1~10まで自分で管理しなければならないのが大変ですね。

まるこ(*´Ä`)φ1人で農業!?休日はあるんですか??

麻衣子さん(*゜u゜)ない・・・ですね。あと話し相手がいない(*_*)いないから菊に話しかけちゃったりしています。

まるこ(*´Ä`)φあるある!踏んづけちゃうと「ごめんっ!」とか形が悪いと「めんこくねぇな。こんにゃろっ」とか作物に話しかけちゃいますよね??職業病!
作物はしゃべらないけど、姿形に正直に表れますよね。

麻衣子さん(*゜u゜)そうですよね。元気に生長してくれるのを見るとわーって嬉しくなります。反対に未熟な部分は目が届かなくてごめんねー、もっと頑張って勉強するよって申し訳なくなる。すべて自分の責任ですから。

まるこ(*´Ä`)φ花の世界って女性が多いイメージがあるんですが、農家さんも女性が多いんですか?

麻衣子さん(*゜u゜)花部会(※花を栽培されている農家さんの部会)に参加されている方はほとんど男性です。60代の。いい方ばかりですし、部会で月1回圃場視察があって技術面では助けていただいてます。が、若い女性は地域で2人ほど…ほとんど接点がありません。女性に限らず若手がいない、後継者不足も問題ですね。

まるこ(*´Ä`)φ就農して、休日なし、部会はおじさまたち、なかなか同世代と話すきっかけが少ないですよね。ぶっちゃけ将来のパートナーに対する不安はありませんか?

麻衣子さん(*゜u゜)ありますよー。将来のことを考えていない訳じゃない。でも今は就農したてで、やりたいことをやっているから恋愛より経営者として仕事をすることが優先ですね。周りには心配されてますけど(笑)

まるこ(*´Ä`)φFL界では農業者と付き合うことは自然とタブー視する傾向があります。どちらかの農家が存続の危機に陥りますからね。

麻衣子さん(*゜u゜)やっぱり同業者の中からパートナー見つけちゃだめって気持ちはあります。嫁に行くつもりはないですし。かといって婿がきて一緒に農業もやりたくない(笑)1人では間に合わない農繁期には親と仕事をしていますが教えるのは私なので指導が難しい…きっと婿はもっと難しい!パートナーには自分の仕事を続けてもらいたいですね。

まるこ(*´Ä`)φお互いが納得できるライフスタイルを作っていかないとですね。女性に教わるということに抵抗がある男性もいるみたいで…難しいですね。

麻衣子さん(*゜u゜)他のFLさんがどんな考え方を持っているのかそういった情報がないんですよね。自分の地域にFLがいるのかもどうやって探していいのか…

まるこ(*´Ä`)φ全国的にFLが抱えている問題ですね。それ、解決していきましょう!
取材のラストスパートです。強い思いを寄せている輪菊。購入してくださる方へ伝えたいことはありますか??

麻衣子さん(*゜u゜)菊は仏花のイメージが強いですが、実は種類が多く、色や形も豊富でさまざまな用途に使えます。また、仏花でよく使われる白い輪菊はつぼみの状態しか見たことがない方も多いと思いますが、満開にさせると華やかでとてもキレイです。

まるこ(*´Ä`)φ 麻衣子さんのお花はどこで手にいれられますか?

麻衣子さん(*゜u゜)現在はほぼ市場(JAアグリ島根、兵庫県生花)に出荷しているので、お花屋さんに行けばあるかもです(゜゜)残念ながらどこのお店までかはその時でわかりません。

まるこ(*´Ä`)φご両親は農業を始められた麻衣子さんをどう思っていますか?

麻衣子さん(*゜u゜) もともと母は農業があまり好きではなくて(日焼けとか)ガーデニングはしてるんですけどね(笑)父はやりたいことをやりなさいって言ってくれていました。自分の決めたことを頑張ってほしいと言っています。私も応援してもらえるように頑張ります!

まるこ(*´Ä`)φ最後に。。。夢はなんでしょう?

麻衣子さん(*゜u゜)自分はもちろん、生産者、市場、生花店の方々、そして消費者の方、皆さんに認めてもらえるキレイな菊を作ることです。

まるこ(*´Ä`)φ楽しい時間をありがとうございました!
麻衣子さん(*゜u゜)こちらこそ!同い年のFLと話せて嬉しくて、楽しくてつい長くなってしまいました。お話できて良かったです。良ければまたお話しましょう!

麻衣子さんの笑顔を見たい!という方はコチラ →【http://www.facebook.com/zenkyo4h】
次回はどこのFLが登場するか・・・お楽しみに~☆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━++++

2.Farm Lady×情報集

土まみれでも女の子だもん。女性らしくいたいんです。
かわいい農作業グッズやコスメ情報、教えて!人生の先輩、FL小話、簡単レシピなどFLにとって役立つ情報を特集します。

昔、よく道端の雑草を編んで花冠を作りました。
お花・。*・゜:
冠婚葬祭だけではなく、日常生活でも部屋にちょんもり飾るだけで気持ちに潤いを与えてくれるflower・。*・゜:贈る相手、季節、シーンによって選ぶ花の種類が変わってきますね!

「菊」=仏花?
いえいえ!麻衣子さん(*゜u゜)曰く「菊は仏花のイメージが強いですが、結婚式やイベント会場など華やかな場にも使えます!ヘアアレンジにも使えるんですよ♪」と教えていただきました。
気になったので『菊 ヘアアレンジ 生花』で検索(*´Ä`)φ以下まるこ調べ。。。
Q 生花なので頭に飾ってからすぐにくたくたになるのでは?
  季節や会場の温度、種類などにもよるが、3~5時間はもつ
(プロの仕事は花の根元をしめった脱脂綿で保水。)

Qお値段の相場
かなり差があり。小菊や大菊、種類や数によって3,150円から発見。お財布と相談。

Qどこでできるの?
  結婚式なら式場、行きつけの美容室に要相談

一生に一度の成人式・入学式!一生に一度?の結婚式!イベントで個性を出したい方!和装にも似合うみたいです。お祭りにもいいかも。。。奥さんや彼女、娘っこに勧めてみては??
菊の新たな一面、ぜひ試してみたいですね・。*・゜:

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━++++

3.全協(4Hクラブ)×情報集
「農業をもっとよくしたい!」
その想いが2013年3月 東京・六本木を舞台にAgri-station fes2013としてカタチになりました。次世代を担う若き農家で創る今までに類を見ない農業イベントは、盛況のうちに幕を閉じました。
第2弾やります!
若手農家が耕す 革命の畑 
・゜。★。☆゜. Agri☆Station Festival  vol.2 ・゜。★。☆゜.

2013年11月16日(土)17日(日)東京・渋谷
様々な角度から農業の未来を捉える4つのイベント開催予定↓↓

大賞賞金100万円!農業ビジネスプランを応援しよう。     
★Event1 スター農家発掘オーディションSTAR’s

農に興味があるならこの交流会!マイファーマーが見つかるかも??
★Event2 農家サミット

20年後の日本農業のカタチ 
  ★Event3 農業政策集会―ゲンバの声からみんなで創ろう、農業五箇条―

全国各地の若手農業者の生鮮品や加工品を味わって
★Event4 Agri-Station マルシェ

農家はもちろん、農業に興味のある方、ちらっと見たい方、大募集。。。まずは下記URLからチェック。
応募受付開始してますよー。たくさんのご参加お待ちしています。
https://www.facebook.com/ASF2013
https://www.facebook.com/zenkyo4h

こそっと気になる情報↓↓
「目標は今年1年の間に彼女をつくること」現在、彼女ナシ、できる気配ナシの全協関東理事松ちゃんがパートナー問題に悩める農業者を代表し、目標達成の歩みをご紹介しています。全協FBにて「FB松本物語」必見です(゜゜)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━++++

4.執筆者カラー×Farm Lady(仮)
定番メニューに加え、執筆者独自のカラーを出すコーナー。勝手にスタート。

まるこプレゼンツ『ここが変だよ!異性のハテナ(?o?)』
会話が弾まない。目を見て話せない。自分の話ばっかりする。異性との会話=親
農業者のあるあるではないですか??これは一大事です。
異性と話すのが苦手=パートナーを見つけるのも一苦労。何とか克服したい課題ですね。

・゜。★今日からばっちり?異性と話をするときのポイント・゜。★

≪抑えどこ≫
男性と女性はそもそも脳の構造が違う=会話のずれが生じる。

男性は理論的や価値観を優先(お互いの優劣をつけることを重要視)
女性は感情や共感を優先(周りとの調和を保つ、和を重んじる)
会話で重要視することの違いがあるのです!
(例)
例えば「今日ね、こんなことがあってね、こうでね…」と女性は筋道を立てて話します。これに対して「で、結論は?」とつい話の先を急いでしまうのは、男性が直感的に判断を急ぐ傾向にあるからです。

男性から見れば無駄話?と思うことも、女性にとっては結論より過程を大事にして楽しむことを重要視します。対して男性は事実や自分はこうであるということを最短距離で伝えようとします。女性にとっては言い方がきつい、デリカシーがないと感じてしまいがち。

≪気を付けるのは表現≫

○男性は合理的な生き物「こうで、こうだから、こうなった」
簡潔に説明話をします。○○に対してではなく、自分は○○のことをこんなに詳しいんだ!と知ってほしいのです。
→ほめてほしい。認めてほしいという『認知』の話をしているのです。
なので「へーそうなんだ!すごいねー」と言ってあげましょう。

○女性は感情で動く生き物「ここで、こうして、こうだから、こうなって、こう思って~」
延々です。そもそも内容自体にそんなに意味がないことが多いです。
→自分の思ったことを相手に共感してもらいたい『感情』の話をしているのです。
なので相槌をうちながら「そうだよね。わかるわかる!」と言ってあげましょう。

会話はキャッチボール。お互いが楽しむために
相手に意見を求めたり、感想を聞いたりして相手の顔をよくみて考えて話をしましょう!
相手の目をしっかり見ながらね(*^_^*)

≪それでも苦手ー会話が苦手な方≫
第1歩は聞き役に徹する!これです。

次号はさゆきちゃんの○○コーナー(゜゜)お楽しみに!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━++++

5.編集後記

 最後まで読んでいただきありがとうございます。
普段、農産物や花、お茶、加工品を購入するとき、どのような基準で手に取りますか?
お値段?産地?量?なんとなーく。。。
消費税が来春から8%に増税。お財布のひもがきゅっとなってしまいますね。そんなときだからこそ、国産→地産地消→知った生産者の農産物を!日々の食卓に小さな幸せを飾りましょう・。*・゜:

 女性が元気に活躍できること、それが日本農業を元気にします。
今後皆さんとともに、このメルマガを充実させたいと思っています。
これからもFL(Farm Lady)が元気になる情報を発信していきます!

配信日時
2013/10/04

2017年11月01日 | Posted in 女子メルマガ | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です