第17号 タベルイエロー登場!そしてFEEL A Project開催しました♪

こんにちは!
第17号担当は、全国農業青年クラブ連絡協議会(全協)関 沙雪(さゆき)がお届けします!
はじめに、先日の大雪で被害に遭われた皆様に心より御見舞申し上げます。現在も復旧作業を行っている方もいらっしゃると思います。一日も早い復興をお祈りいたします。

茨城県では梅の花や福寿草が咲き始め、だんだんと春の陽気になってきました*。・*。・
何かが始まる予感なこの季節に、メルマガをどうぞ(*^-^*)

≪FLとは!Farm Lady(ファームレディ)=女性農業者という意味の造語≫
→→→OL=Office Lady(オフィスレディ)のようなニュアンス

女性が元気に活躍できること、それが日本農業を元気にするのです。

すべての農業に携わる女性へ捧げる、FL(Farm Lady)のためのメルマガ。強がらなくっちゃいけない現状、でも弱音もはきたいよ。だって女の子だもん☆

不慣れなため、お見苦しいところがあるかもしれませんが、長いお付き合いができますよう心からよろしくお願いします。

 

+++++━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第17号めにゅー
1.Farm Lady×取材メモ
2.全協(4Hクラブ)×情報集
 3.Farm Lady×情報集
4.執筆者カラー×Farm Lady
5.編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━++++

1.Farm Lady×取材メモ

全国のFLを突撃取材!!
今回ご紹介するFLさんは鹿児島県で牛を飼っている 新地真実さん(31)(ニックネームはしんちゃん)にインタビュー!!

以下、さゆき ( ゜Д゜)φ と しんちゃん(*゜u゜)

さゆき ( ゜Д゜)φまずは、自己紹介をお願いします!

しんちゃん(*゜u゜)私は鹿児島県鹿屋市川東町で繁殖牛を35頭飼ってます。
小さい頃から、祖父が飼っていた繁殖牛の餌やりを手伝っていました。いつか、私も牛を飼いたい!と思うようになり、高2の夏に、アルバイト代で牛を買いました。
畜産講習所(農大みたいな感じの学校)を卒業後、20歳で祖父から繁殖牛を11頭引き継ぎ、就農しました。
両親は肥育牛を120頭飼ってますが、一貫経営ではなく、親子別々で経営をしています。

さゆき ( ゜Д゜)φええっ!?高校生のときに牛を買ったんですか!?すごい・・・。私なんてコンビニでパンを買うくらいでしたよ・・・。しかも親子別々の経営!?
と、ここで、専門用語の説明を!!黒毛和牛農家は主に、繁殖牛という母牛に子牛を産ませて、ある程度の大きさまで育てる繁殖農家と繁殖農家から子牛を買って肥育(大きく)させる肥育農家、繁殖と肥育のどちらも行う一貫農家という3タイプがあります。
しんちゃんは繁殖農家、私は肥育農家です。
私の勝手なイメージだと、親子で肥育と繁殖をしているのなら、そのままそこで育てた方がいいんじゃないかと考えてしまうのですが、なぜ一貫ではなく別経営なんですか?

しんちゃん(*゜u゜)理由は、自分が育てた子牛をセリに出して、たくさんの人に見てもらい評価されたかったからです。

さゆき ( ゜Д゜)φそうなんですね!家族以外に客観的に評価され、セリで「あなたのこの子牛は〇〇円!」って値段がつけられるのってすごくドキドキで勇気いりますが、たくさんの人に評価されることによってどんどんよい牛が育てられそうですね。
しんちゃんの仕事の内容を教えてください!

しんちゃん(*゜u゜)仕事内容は、毎日の餌やり。毎朝体調悪い牛はいないか、チェック!
発情がきてたら、人工授精します。分娩の時は介助することも。
寒い夜に生まれた子牛を温めるために保温器をつり下げてますが、気が付くと子牛と一緒に寝ていて朝を迎えたことも何度か・・・(笑)

さゆき ( ゜Д゜)φ子牛と一緒に寝てしまうって、すごいですね・・・牛に愛情を注ぐしんちゃんの姿が目に浮かぶ気がします!
仕事をしていてよかったと思うことは?

しんちゃん(*゜u゜)この仕事やっててよかったと思うときは、セリで自分が思っていた以上に高値だったとき。
あと、買ってくれた肥育農家さんのところで、いい枝肉成績を出してくれたとき。
そして②、自分とこで美味しい野菜やお米が食べられること。

さゆき ( ゜Д゜)φ愛情注いで育てた牛ですもんね、いい牛になってくれるとすごい嬉しいですよね!
②は農家の特権ですね。自分で育てた野菜やお米はさらに美味しい!
逆に、辛いことってありますか?

しんちゃん(*゜u゜)つらいのは、生き物なので病気やケガで治療が長引くとき。
最悪の場合、死なせてしまったとき。
同じことは繰り返さないように、気をつけています。

さゆき ( ゜Д゜)φそうですよね、命を懸けて教えてくれたこと、大切にして牛育てましょう。
ところで、しんちゃんにお会いしたときの第一印象は「THE日本女性!大和撫子!」という印象だったのですが、なにかやっているのですか?

しんちゃん(*゜u゜)25歳頃までは完全に女子力なかったです!!牛一筋!って感じでした。唯一、書道が準師範です。これはイカン!と思うようになり、着付けや料理教室に行きました。
そして、ライブ参戦・・・ナオトインティライミの大ファンです。鹿児島、長崎、福岡、大阪と行きました。
ラジオも大好き。ラジオネームは、うし娘。地元から全国のラジオ番組まで幅広くメール投稿中(笑)鹿児島のDJさんやリスナーさんとのオフ会に参加もします。

さゆき ( ゜Д゜)φす、すごい!活発な大和撫子ですね(*´Д`)他にもいろいろとやっていそうですね?

しんちゃん(*゜u゜)鹿屋農業青年クラブと畜産ネットさつまおごじょ、若手女性グループきもつきI LOVE 牛(ギュー)に加入しています。
鹿屋農業青年クラブでは、食の大切さを伝えるために「食育レンジャー」をやってます。
ちなみに、私は黄色のコスチュームを着て、黄色い栄養素タベルイエロー役をしています(笑)
あと、昨年から鹿児島県農業青年クラブ連絡協議会で女子部長をやってます。まだ、何の役にもたててませんが・・・
今年は県内の農業女子さんたちと女子会ができたらいいなぁ~

さゆき ( ゜Д゜)φ本当にいろいろと活動していますね!すごい!!
食育レンジャーめちゃくちゃ気になります!!気になりすぎて検索しちゃいました。
タベルイエロー発見!!!個人の方のブログなのでここには紹介できないのですが、子供たちにも大盛況みたいで、今後の活躍にかなりの期待大です!!
最後に、これだけは伝えておきたいこと、教えてください。

しんちゃん(*゜u゜) 牛は生まれるまで10か月。
生まれて子牛セリに出るまで9か月。
更に、皆さんの口に入るお肉になるまで一年半かかります。

愛情たっぷりの鹿児島黒牛!食べてください。

さゆき ( ゜Д゜)φ食べます!!!命を大切に「いただきます!」
しんちゃん、いろいろなお話ありがとうございました!!

今回も笑顔の素敵なFLさんを発見することができました!!
しんちゃんの素敵な笑顔見たい~という方はこちらから→ https://www.facebook.com/zenkyo4h

次号もお楽しみに♪

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━++++

2.全協(4Hクラブ)×情報集

【第53回全国青年農業者会議】
平成26年3月10日(月)~3月11日(火) 国立青少年オリンピックセンターにて開催します!!

この会議は、日本農業の担い手として、農業や農村生活環境の改善等を実践している若者たちが、体験した成果をお互いに発表しあい、当面する問題の解決方法や発展方向を見出だすとともに、農業を取り巻く諸問題を討議して、新しい農業及び農村の建設に資することをねらいとして開催するものです。

全国から選ばれた選りすぐりの農業青年の熱いを聞ける唯一の場です!
この機会に農業青年の想いに触れて下さい。

あなたの参加をお待ちしております!

 

 

そして、「FEEL A Project=農業と食の共有・共感・未来価値」開催しました!!
5つのイベント
①俺のPR会~青年農業者マッチング商談会~
②農家の嫁サミット
③農コン~野菜と俺を買ってくれ!~
④農家が教える!おいしい寺子屋 ○○のホントのと・こ・ろ
⑤Know Girl 農 Life
を2月14日(金)~15日(土)に行いました!!
当日、東京は大雪で交通機関もマヒして大変な状態でしたが、全国各地よりたくさんの方々に参加していただきました。参加してくださった皆様、本当にありがとうございました。今回、残念ながら参加できなかった方は第53回全国青年農業者会議にぜひご参加ください。よろしくお願いします!

当日の様子はこちらからご覧ください→ https://www.facebook.com/zenkyo4h

さゆき( ゜Д゜)φと、ここで、⑤Know Girl 農 Lifeがどんな感じだったかお話しさせていただきます!!
Know Girl 農 Lifeは、今までになかった全国のFLが集まるイベント。「食と農」を通じてFLと東京女子がコミュニティーを作り、来年、再来年と続く関係を築くことを目的として開催しました!
参加してくれたFLは11人。一般の方は4名。残念ながら雪で来られなかった人もいました。
Mission1では「農業女子のイメージについて」を中心に話し合い、このメルマガの第7号にも登場しました福井県で有機農業・自然栽培での安心安全なこだわり米を作る三田村 美恵さんに「農武士プロジェクト」について講演していただきました。
会場近くのオシャレなカフェ「パタティパタタ」でランチを食べながら、さらに盛り上がりを見せ、Mission2では4つのグループに分かれ、それぞれのグループの中にいるFLの農産物を使った誰もが作りたくなるようなこだわりが詰まったランチメニューを考案しました。
本当に終始盛り上がりましたKnow Girl 農 Life。
参加していただいたFLしんちゃんに感想を聞きました!

しんちゃん(*゜u゜)まず、おもしろそう!参加してみょうかな~と思って、申し込みして大正解だった!と思いました。
北は北海道、南は鹿児島。
参加人数は少なかったけど、繋がれた感がありました。場所は違っても志すことや悩みも同じだなぁ~と。鹿児島黒牛のギュージンガーブラックを気に入ってくれた人も(笑)
今回、Know Girl 農 Lifeを企画して繋がるキッカケを作ってくれて本当にありがとうございました。
また、今日から「いい牛つくり」頑張れそうです。

さゆき( ゜Д゜)φ本当によかったです!これからもFL同士・FLと消費者が繋る、知ってもらえるようなことをしていきましょう!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━++++

3.Farm Lady×情報集

土まみれでも女の子だもん。女性らしくしたいんです。
かわいい農作業グッズやコスメ情報、教えて!人生の先輩、FL小話、簡単レシピなどFLにとって役立つ情報を特集します。

今回は、「FLのイメージ」

 

FLってどんなイメージですか?
ちょっと考えてみてください。

 

 

 

 

考えてみましたか?
Know Girl 農 Lifeで聞いてみたところ・・・

FLからは、「FLってそもそも近くにいない」「いても遠く離れていて会えない」「だから共感して話せる人がいない」さらには、「結婚のプレッシャーがすごい」「男尊女卑」「女性のつらいとき(生理痛とか)を分かってくれない」など参加したFLが全員うなずくマイナスな意見が・・・。

一般の方からは、「農業をしている女性=おばちゃんなイメージ。本当は若い女の子もいるのに。」「野菜と食というのは近い存在だけど、野菜を作っている農業をしている人というと一気に遠い存在になる。遠い人じゃないのにもったいない!」という意見が。
視点が違うとこんな意見が。

知ってもらいましょ。伝えましょ。
若い女の子、FLいっぱいいますよ!!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━++++

4.執筆者カラー×Farm Lady(仮)

執筆者独自のカラーを出すコーナー。
さゆきプレゼンツ「睡眠美人になろう☆彡」

大雪が降ったと思ったら急に暖かくなったり、また寒くなったりなこの季節。
春に向けての農作業も本格化し始めてきまして、ちょっと疲れていませんか?
私は疲れています!!(笑)
寝る前の5分間でより上質な眠りを手に入れて体調を整えましょう☆

私のオススメは「腹式呼吸」!!
腹式呼吸を行うことで副交感神経が優位になり、リラックスした状態になります。横隔膜が動くことによって内臓の血行が良くなり、胃腸の調子も良くなります。
新陳代謝もUP!ダイエット効果も!?お肌の調子もよくなるかも。

【腹式呼吸のやり方】
① 仰向けになっておへその下に手を置く。
② 鼻もしくは口からゆっくり息を吐いてお腹を凹ませる。
③ 鼻から息を吸ってお腹を膨らませる。
④ ゆっくり息を吐いてお腹を凹ませる。
を繰り返します。息を吸うときよりも息を吐くときの時間を長くしましょう。
決して無理をせず、ゆっくりと。
これであなたも睡眠美人にー(*^^*)

次回 えいちゃんのコーナーです!お楽しみに~*。・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━++++

5.編集後記

最後まで読んでいただきありがとうございました!!
今号はいかがだったでしょうか?
何度も言っちゃいますが・・・このメルマガ発行当初からやりたい!やりたい!と思っていたFLの集まり「Know Girl 農 Life」を開催し、全国のFLや一般の方と出会い、繋がりを持てたこと、すごく嬉しいですし、元気になりました。
FLだから?女の子だから?志や悩み、共感するところは多く、FLによる新しい企画の話(まだ秘密( ´艸`))もでてきて、本当に大盛り上りでした。
これからもこのメルマガでFLの魅力を伝えたり、「Know Girl 農 Life」のような集まりを行っていきたいと思います!

女性が元気に活躍できること、それが日本農業を元気にします。
今後皆さんとともに、このメルマガを充実させたいと思っています。
これからもFL(Farm Lady)が元気になる情報を発信していきます!

配信日時
2014/03/04

2017年11月22日 | Posted in 女子メルマガ | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です