平成30年度九州・沖縄地区青年農業者会議(長崎県)が開催されました。

平成30年7月25日~26日、九州・沖縄地区青年農業者会議が開催されました。

【平成30年度九州・沖縄地区青年農業者会議受賞結果・全国青年農業者会議への出場者】

〇プロジェクト発表

・園芸・特産作物部門

(最優秀賞)

「ハウスみかん産地をUENOステージへ~ハウス内環境の改善による収益性の増加」 佐賀県 上野 勉

(優秀賞)

 「目指せ!西表島でマンゴー“てぃらら”のブランド化~積算温度でピンポイント収穫~」 沖縄県 平井 伯亨

・地域活動部門

 「長崎県産アボカドを作りたい~みかん農家の挑戦~」 長崎県 平野 秀敏

・土地利用型作物部門

 「茶の更なる省力化に向けた機械開発~摘採機への自作送風菅取付による茶園上の異物除去~」 宮崎県 瀬戸山 貴行

〇意見発表

・(最優秀賞)

「1億with牛」長崎県 山中 勝眞

・(優秀賞)

「家族っていいな」大分県 阿南 暢晃

——————————————

アツイぜ、九州!

長崎県にて、九州・沖縄地区青年農業者会議に出席してきました。

九州ブロックのプロジェクト発表のレベル、めちゃ高ぇ!

発表の内容が検証に何年もかけてやってる事業ばっかりなんで、豊富なデータに裏付けされた深みが凄かったです。

「地元への波及効果」を九州ブロックでは採点基準にしているそうです。

なので、発表された事例の再現性が高い。つまり、地元農業振興への波及効果が高いものばかりでした。

自身の営農に関わる身近な課題の発見、

仮説立て、

実践、

データ分析

これを何年も続ける情熱。

そしてそれをなんら出し惜しみすることなく、仲間に伝えるこの太っ腹っぷり。

4Hクラブの活動の盛り上がりが、青年農業者だけでなく、日本の農業全体を盛り上げていくと僕は思ってます。

ここにはもう、可能性しかないよね。

九州ブロック大会、最高でした!

こんな素晴らしい大会を作ってくれた九州ブロックのみんな、おつかれさまでした!

・   

九州は人生で3回目(沖縄に1年間住んでたのは除く)。

グラバー邸と亀山社中に観光に行ってきました(^^)

アテンドしてくれた、熊本の宮本さん、佐藤さん、ありがとうございました!

副会長 首藤

2018年07月26日 | Posted in 活動報告 | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です