TACパワーアップ大会2018が開催されました。

平成30年11月15日~16日、JA全農主催「TACパワーアップ大会2018」が開催されました。
4Hクラブからは、全協副会長首藤、事務局次長前田が出席させていただきました。

「TACパワーアップ大会2018」とは、全国のTAC活動の成果を共有する大会です。
そもそも、、、TACとは、Team for Agricultural Coordination の略。
JAと県域連合会、JA全農が組織する地域農業をコーディネートする方々のことだそう。
キャッチコピーは「Tとことん A会って Cコミュニケーション」。

今大会で11回目。
テーマは、以下の3つ。
1 担い手の声を反映した地域生産振興の実践
2 労働力支援や事業承継支援等の地域全体の課題解決
3 TAC活動の強化によるJAグループの総合力の発揮

2日目は、農業者3団体(日本農業法人協会、全国農協青年組織協議会、全国農業青年クラブ連絡協議会)も参加型の分科会。
分科会では、様々な経営課題に応えるためにより実践的な内容。

私たちが参加した分科会のテーマは、「事業承継」。
その中で、副会長の首藤さんが講演。
首藤さんの、様々なものへの熱い想いが会場中に響き渡りました。
引き継ぐとはどういうことなのか。
それはいつなのか、何を引き継ぐのか、最終形態をどうしたいのか、、、

日本の農業が、その担い手が、より輝けるよう、一緒にがんばっていきましょう!
JA全農の皆さん、運営お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。

事務局次長 前田

2018年11月19日 | Posted in 活動報告 | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です