第25号全協メルマガ『全協って、何してるんですか?』

農業者会議…燃え尽きたぜ…(´Д` )
こんにちは。
燃え尽きちゃった副会長の会津ひろきです。
ご参加して頂いたクラブ員のみなさん、ありがとうございます!
そしてお疲れ様でした!m(_ _)m

全協って何してるの?
って思われる方が多いと思いますが、この農業者会議の運営がメインで、他には全国の4Hクラブ道府県連会長の会長会議をスムーズに進行させるための仕事をしています。
この農業者会議…実はわたくし、副会長をやっていますが、まだ二回しか参加していません∑(゚Д゚)エェー
昨年は表彰閉会式など班長、今年は統括でしたが、意外と出来るもんなのです(=゚ω゚)ノ
10年前は、前日に徹夜でマニュアルを作成していたそうですが、今はマニュアルがシステム化されているのと、事前に行われるスカイプでの会議によって、昔よりは前日の負担は減っているのかなと思います。

全協では、総務班、PA班、企画班と、3つに分かれて仕事をしていました。
そう!9割の仕事は、クラブ員が手分けをしてやっていたのです。

総務班は受付など来場者関連。大会の冊子を作るのも、総務が主導で行っています。
あとは各県の事務局とのやり取り。
終わったあとは、各所への報告もしています。

PA班というのは、プロジェクト発表、意見発表の段取りをしてくれている班です。
各ブロックから勝ち上がった代表のみなさまに連絡を取り、事前にやりとりをしています。
賞状なども、PA班が準備。
プロジェクト発表、意見発表がスムーズにできるのも、PA班がいるおかげなのです!

企画班は、開会式、交流の夕べ、2日目の午前の部分、表彰閉会式を考えてくれています。
一連の流れはほとんどマニュアル化されているので、開会式、表彰閉会式は、流れを確認して、名前を変えるくらいです。
交流の夕べの中身と、2日目の午前の部分に何をするのかを、毎年考えています。

そして会長、副会長は、来賓対応やプロジェクト発表の審査があるので、各班の指揮を取るのは事務局次長となっています。

農業者会議、実はこのような役割分担で開催されていたのです(=゚ω゚)ノ
役員理事の思いは一つ!
全国から集まったクラブ員が、楽しく交流出来ること!
そして発表者の皆様が、平等に輝けるように対応すること!
無事に終わったときの達成感は、並々ならぬものです。

私は地元の活動だけでは満足出来ず、楽しそうな方へと動いてきた結果、全協にいます。
20代までは、やりたいことをとことんやる。
30代になったら、20代でやったことから選ぶ。
40代になったら、選んだことを極める。
50代で花開く。
4年前、初めて県連の事業に参加した時にこの言葉を聞いて、それから県連の活動に率先して出るようになりました。
役職に関しては、自分で「出来る出来ない」を決めるのではなく、「やりたいかやりたくないか」が判断基準です。
全協のイベント、Feel A Projectに初めて参加した2年前、
「全国にはすごい農家がいて、すごい活動をしているんだな!自分もこうなりたいなー!」
と思いました。
それは今でも変わりません。
全国の輝いているクラブ員のおかげで、自分もその反射で輝けるのかなと思います。
農業者会議や全協というのは、そういう場所なんですね(=゚ω゚)
地元でくすぶっているクラブ員がいましたら、皆さん、是非全協をオススメください( ̄▽ ̄)

というわけで、いつものなぞかけいっちゃいましょう!
会津の恒例、整いましたー!

やりたいことをやるために必要なことと掛けて、
全協に夫婦の時間を奪われたと嘆く妻、桃子と解く、

そのこころは…

どちらも、役(妬く)でしょう

…会津っちです((((;゚Д゚)))))))
いやー、妻には負担を掛けてしまっています(´Д` )
家族の協力なしでは、こういう活動はできませんよね。
どんなにやりたいことがあっても、家族の理解あってこそです。
無理せず、自分にとって大事なことを見極めて欲しいと思います。

最後まで読んで頂き、ありがとうございましたm(_ _)m

配信日時
2016/03/19

2017年11月26日 | Posted in 全協メルマガ | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です