第3号「若手農業者」が配信するメルマガ「全協メルマガ」

すっかり寒くなり、ちゃんと風邪を引いた広報部の森安です。

11月に入り急激に冷え込み本格的な冬に突入しています。
私の栽培する小松菜も急に生育が悪くなり出荷量が減っています。
今月号も情報盛りだくさんですので、最後までお付き合いください。

 

_/_/_/_/_/I N D E X_/_/_/_/_/

1.全協とはどんな組織???
2.今月の若手農業者紹介
3.今月の活動紹介
4.編集後記(タイ珍道中)

 

■全協とはどんな組織???

全協という組織は「全国農業青年クラブ連絡協議会」という名称で、日本全国で活躍するこれからの日本の農業を支える農業青年が所属する日本各地にある農業青年クラブ(通称 4Hクラブ)を繋ぐ全国組織です。

4Hクラブの名称に使われている「4H」とは、当クラブの4つの信条である

・農業の改良と生活の改善に役立つ「腕」を磨く、「Hand」

・科学的に考える「頭」の訓練をする、「Head」

・誠実で友情に富む「心」を培う、「Heart」

・楽しく暮らし、元気に働く為の「健康」の増進する「Health」

以上の4つに含まれる「Hand」・「Head」・「Heart」・「Health」の頭文字である4つのHから来ています。

私達のクラブは1948年(昭和23年)にアメリカにある4Hクラブをモデルとして日本各地の農業改良普及センターが中心となって結成されました。

当時日本そして1955年(昭和30年)日本各地に出来たクラブの連携を強化するために現在の全協の原型である「全国農業青少年クラブ」が結成され、1972年(昭和48年)現在の「全国農業青年クラブ連絡協議会」という名称になりました。

今年で全協結成58年目になります。

現在、私達は農業から始まる地域の活性化、これが日本各地で起きることで日本の活性化に繋がる事を目指し、農業技術の実績を発表する「プロジェクト発表」、クラブ員が作った農産物を販売といった結成当初から行われてきた活動の他、地域の住民・消費者を対象とした食育活動、日本各地に繋がるネットワークを生かした他産業とのコラボレーション事業といった、時代に合わせた農業の探求を行いつつ、農業青年同士の絆を深め、未来の日本農業の支える存在として活躍する担い手の集まるクラブとして農作業の傍ら日々活動を行っています。

 

少しお堅い文章になってしまいましたが今度はクラブ員の方に目を向けて自己紹介・農業を始めたきっかけ4Hクラブへの思い等を紹介する「今月の農業者紹介」を行いたいと思います。(^0^)/

------------------------
■今月の若手農業者紹介

今回は、タイ王国で開催されたIFYE世界大会に参加した、岡山県の若手農業者、林慎悟さんの紹介です。

では早速始めたいと思います。

・自己紹介をお願いします。

私の農園は、岡山県の南部、岡山市にあり、葡萄、桃、水稲の栽培をしています。
就農に合わせて葡萄の栽培を勉強し、今後の市場の変化に対応できるように、いろいろな葡萄の栽培に取り組みを始めました。
現在は葡萄の育種をしています。

・就農したきっかけをお願いします

我が家が農家で、学生時代はよく農作業の手伝いをしていました。
手伝いをしている中で、農業は私に本当にあっているのか、他に自分に合ったことがあるかも知れないと思い、工業の高校に進みました。勉強をしていく中で、農業の良さを再確認し、卒業後に就農しました。

・なぜ育種に取り組んでいるか教えて下さい。

自己紹介でも少し触れましたが、今の栽培の現状と世界の情勢をみて今存在する品種の選択肢の幅で今後を乗り切ることが出来るか心配だったことと、純粋な探究心です。

日本国内もそうですが、輸送技術が進んだ今の状況では、海外も意識する必要があると感じています。日本の環境、栽培技術等を最大限に生かしてでしか栽培できないような、完全なジャパンオリジナルの品種を育成することが出来ればと思っています。

・今回IFYE世界大会inタイに参加してみようと思ったのですか?

国外の現状と彼らが目指す今後の展望を知りたいと思ったことと、同じ農業にかかわる国外の方と何か共有することが出来ないか、その方向性を探りたいと思ったからです。

今回タイに行き、現場を見て、外から日本を見ることで、今の、また今後自分が何をすべきかぼんやりと見えてきた気がしています。

・今後の目標をお願いします。

楽しく農業を行っていきたい、それだけです。
そのためには、とにかく多くの問題や課題があると思いますから、一つ一つ解決していくことが出来ればと思っています。
―――――――――――――――――――――――――――――――

 

ここまで、読んでいただきありがとうございます。
次は、4Hクラブとして実際にどんな活動を行っているか紹介する「今月の活動紹介」コーナーです。

■ 今月の活動紹介

①日本4H会長会議が開催されました。

※私たち4Hクラブは各地域にある地域組織、各道府県にある道府県組織があります。
その各道府県の会長が集結し開催される会議の事です。

今年度2回目の会長会議が東京オリンピックセンターで10月31日~11月1日の日程で行われました。

 

1日目の会長会議では来年1月22日(水)~1月24(金)に佐賀県で開催されるH25 全国農業青年交換大会についての報告等が行われました。

【第二回日本4H会議開催】本日会長会議が開催されました。来年1月22日(水)〜1月24(金)に佐賀県で開催されるH25 全国農業青年交換大会についての報告等が行われました。交換大会の締め切り近づいています。せっかくの機会なので皆さん交換大会に参加して熱い九州を感じましょう。

全国農業青年クラブ連絡協議会(Japan4Hclub)さんの投稿 2013年10月31日(木)

会議は2日間の予定でしたが、滞りなくすべての議事が終了した為、2日目は全協と会長連が共に昨日、全会一致で承認いただいたプロジェクトの内容を検討しています。
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=507300472699854&set=a.298821586881078.64593.194707513959153&type=1&theater
プロジェクトの内容は次回お伝えしたいと思います。

 

②アグリステーションフェスティバル開催!!!

「農業をもっとよくしたい!」より多くの仲間や想いが集うことでこれまで以上の事が出来るのでは!
その思いから全協を含めた4つの農業団体によるイベント「Agri Station Festival」が開催されました。

Agri-Station Festival vol02スター農家発掘オーディション STAR'S vol02が無事に終了いたしました。今日の最終プレゼンでは、新規就農者部門:3名若手農業者部門:5名の全国から勝ち…

スター農家発掘オーディション「STAR's」さんの投稿 2013年11月17日(日)

 

③第10回IFYE(International Farm Youth Exchange)世界大会に参加してきました。

タイ王国で11月11日~18日まで開催された第10回IFYE世界大会に参加してきました。
IFYE世界大会は5年毎に開催される、世界規模の大会で今回、日本4Hメンバーも参加してきました。

【IFYE世界大会inタイ 滞在日記】昨日はバススクールが行われ、私は女性グループによる6次産業化が行われている現場を視察しました。ラヨン県のある村に行きキャンディーを作り販売している施設にお邪魔しました。ラヨン…

全国農業青年クラブ連絡協議会(Japan4Hclub)さんの投稿 2013年11月15日(金)

【IFEY世界大会inタイ滞在記】世界25ヵ国以上の農業青年が集まる第10回IFEY世界大会が間もなく、はじまります!

全国農業青年クラブ連絡協議会(Japan4Hclub)さんの投稿 2013年11月11日(月)

 

――――――――――――――――――――――――-

■編集後記 

森安のタイ珍道中

IFYE世界大会inタイ王国は11日~18日の予定で開かれましたが私は14日~18日の後半に行きました。
勿論私は英語もタイ語もしゃべれません(笑)
とりあえずタイに突撃(笑)

タイ式マッサージが有名との事なので2日目に早速タイマッサージへ(笑)
早速腰と首が痛かったので腰と首を指し伝わったのでベッドへ仰向けに寝るように、タイ語で喋ったようですが、よくわからなかったのでオッケーと言い、うつ伏せに(笑)

早速マッサージ師が爆笑・・・

その後も色々指示されるのですが全く理解できない・・・

そのたびに爆笑・・

さらにマッサージ師は並んで施術するのでタイ語でマッサージ師どうしが会話しているのですがたまに私の方を向いてしゃべるので(実際はマッサージ師の会話中・・・)
オッケーと受け答えすると爆笑・・・

帰る時にはすっかり有名人になってしまった(笑)

帰る時にはみんなに手を振ってもらいました(笑)

 

そして大きな事件が・・・

パスポートのページが完全に破れた(笑)
出国カードをなくさないようにホッチキスで止めてくれるのですが紙がはみ出ていて出し入れの際に引っ掛かり
見事に入国の判子を押してあるページが真二つに(大汗)

出国出来るか心配しながら空港に・・・

審査員に見せると・・・

そりゃあ大爆笑(笑)

おまけに隣のカウンターの審査員まで状況を見て大爆笑・・・

終始笑いながら出国完了(笑)

まだ他にもありますが書きれないので(笑)

そこらじゅうに爆笑の渦をつくってきた世界大会でした(笑)

配信日時
2013/11/19

2017年10月29日 | Posted in 全協メルマガ | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です