4Hクラブ(農業青年クラブ)

将来の日本の農業を支える20~30代前半の若い農業者が中心となって組織され、農業経営をしていくうえでの身近な課題の解決方法を検討したり、より良い技術を検討するためのプロジェクト活動を中心に、消費者や他クラブとの交流、地域ボランティア活動を行っているのが、4Hクラブ(農業青年クラブ)です。

同クラブは、現在、日本全国に約850クラブ、約1万3千人のクラブ員が、それぞれの活動を通じて、若手農業者の刺激となりつつ、“日本や世界で貢献できる農業者”となることを目指しています。

 

4Hとは、

Head(頭脳)…科学的に物ごとをとらえることのできる頭

Hand(技術)…農業の改良と生活の改善に役立つ腕

Heart(心)…誠実で友情にとむ心

Health(健康)…楽しく暮らし、元気で働くための健康

の頭文字をとったもので、

実践を通じて自らを磨くとともに、互いに力を合わせて、

よりよい農村、よりよい日本を創ることを目的としています。

 

〇主な活動

①プロジェクト活動

より良い農業経営を実現するために、個人またはグループで経営上の諸問題の解決に取り組みます。

栽培技術の向上、農薬削減、販路開拓といったものから、地域交流まで様々なプロジェクトが全国で取り組まれています。

 

②仲間づくり

4Hクラブは同年代、同業種の仲間との出会いの場。

農業仲間と情報交換や親睦を行っています。

 

③地域交流

地域の小中学生の農作業体験受け入れや、老人ホームでの奉仕活動、祭りなど地域イベントへの参加をしています。